スープでスープダイエット

2009年06月03日

健康増進型心がけること

甘い野菜を使ったスープダイエットでは、ダイエット効果を最大に引き出すために1日2回、空腹時に200mlずつスープを飲むことをお勧めしますが、それ以外に何か食生活において心がけておくことはあるのでしょうか。
特にこれと言った決まりがなくて続けやすいのも、このダイエット法の特徴ですが、やはり不摂生な生活を送っていてはダイエットどころか健康さえ失ってしまいます。
食生活においても同じで、体のことを考えて食べ物を摂ることも必要です。
ここでは、スープを飲むこと以外に心がけておきたい食事の内容についてお話したいと思います。

どんなダイエット法でもそうだと思いますが、食事の内容は穀物菜食が基本となります。
しかし一般の家庭で、完璧な穀物菜食を行なうのはとても難しいことです。
完璧にしようと気負い過ぎずに、できるところから少しずつ始めてみましょう。

まず主食のご飯を玄米に変えてみましょう。
玄米は白米に比べて歯ごたえがあり、においも始めは気になるかもしれません。
しかし慣れてくると案外あの歯ごたえがクセになるものです。
玄米は一晩水に浸けておく、という一手間さえ加えれば普通に炊飯器でも炊くことができます。
玄米のほか、最近スーパーや通販でもよく見られる雑穀を混ぜて炊くのもよいと思います。
今では白米に負けないおいしさの雑穀ご飯も食べられるようになりました。

その他、食べる量を腹八分目としていれば、スープ以外の食事は普段通りでよいそうです。
あまり厳密な制限があると続けられないですからね。
食べるときには一口につき50回くらい噛むつもりで、ゆっくりと時間をかけて食べてください。
食事に20分以上かけていると、満腹中枢が刺激されて食べすぎを防ぐことができます。

主食を白米から玄米や雑穀ご飯に変えること、よく噛んでゆっくり食べること、このふたつを心がけておけばスープダイエットの効果も自然に現われてくることでしょう。

posted by ダイエットさん at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

健康増進型痩身以外の効果

この甘い野菜スープを飲むダイエット法では、健康増進型と呼び名をつけただけあって健康面でのさまざまな効果も体験談として報告されています。
ダイエット自体がもともと体を元の健康な状態に戻すことを目的としているのですが、ダイエットを試みる多くの人が「ただ痩せること」を目的に無理な食事制限などを行なっている気がします。
このスープダイエットでは、そんな間違ったダイエットを試して失敗している人にも、健康な体を取り戻すために取り組んでみてほしい方法です。

さて、お医者さんが勧めていることもあり、このダイエット法を実践した人には痩身以外のさまざまな健康効果があらわれているようです。
その例をいくつか紹介したいと思います。
●血圧
血圧が高めで降圧剤を服用していた人が、正常値に戻ったそうです。
スープダイエットと食生活の改善で体重が落ちたことも、血圧を正常に戻すことができた要因のひとつでしょう。
●肌
40代でこのスープダイエットを実践した人の中には、老人性のシミが薄くなった、という人もいます。
また肌の張りやツヤが出てきた、皮膚が若返ってきた、と喜んでいる女性も多いそうです。
●便
肉が食生活の中心にあると、便やおならの臭いがくさくなると言われます。
これは腸内に悪玉菌が増え、腐敗が進むからです。
また肉ばかり食べていると便が細く、キレも悪くなりがちです。
そこで野菜スープを毎日飲み野菜中心の食事を心がけていると、腸内の善玉菌が増え便もおならも臭わなくなります。
便やおならが臭くないわけがない、と思うかもしれませんが、ヤギやヒツジなど草食動物の糞がそれほど臭わないことからも納得せざるを得ないでしょう。
野菜スープを毎日の週間にして便の状態をよくすれば、便秘や痔も解消できます。
●花粉症
野菜スープを毎日飲み穀物菜食を心がけて過ごしていたところ、頭痛まで起こしていた花粉症の症状が軽減したという人がいます。

これらの様々な効果は、野菜の持つミネラルやビタミン、食物繊維、そしてファイトケミカルを効率よく吸収できたことの結果と言えるでしょう。
野菜は薬ではありませんが、人間の体を作る食物をきちんと選ぶことで、本来の健康な体に戻すことができるのです。

posted by ダイエットさん at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

健康増進型スープの飲み方

お医者さんも勧める甘い野菜を使ったスープダイエット、こちらは短期集中型ダイエットと違って煮込んだ野菜は食べずにスープのみを飲みます。
食べるスープではなく、本当に「飲む」スープです。
調味料もまったく加えずに作り、野菜の甘さがじわじわと感じられるスープです。

さて、このスープはどのように飲んだらよいのでしょうか。
毎日の生活にこのスープを取り入れていけばよいのであって、厳密にいつどれだけ飲まなくては効果がない、というルールはないようです。
しかしダイエットの効果を期待するのなら、やはりそれに適した飲み方というのがあるそうです。
もちろん健康増進にも効果有りの飲み方です。

効果的なのは、空腹である午後3時頃、いわゆるおやつの時間に飲むという方法です。
この時間帯にはお腹が空き血糖値が下がりますので、甘い野菜のスープを飲むことで血糖値がうまくコントロールされ、口も心も満たされるので甘いおやつに対する欲求が減少します。
また空腹時に飲むことで、スープに含まれる野菜の有効成分が体にスーッと吸収されやすくなります。
同じ空腹時ということで朝食前に飲むのも有効です。

というわけで、このダイエット法の進め方としてお勧めなのは、朝食前と午後3時の2回、200mlずつのスープを飲む方法になります。
午後3時に飲むのが難しい場合もあると思います。
その場合は、夕方か夜に帰宅した際にすぐに飲むようにするとよいでしょう。

まずは1ヶ月続けることを目標にし、それが達成できたら目標を少しずつ延ばし、いずれ習慣化できると健康維持に大いに役立つでしょう。




posted by ダイエットさん at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。