短期集中型ファイトケミカルの働き スープでスープダイエット

2009年05月19日

短期集中型ファイトケミカルの働き

スープダイエットの結果として体重が減った、体が軽くなった、などを実感できる人も多いのですが、自分では感じない部分でも体質の変化は起きていますte03.gif
短期集中型スープダイエットでは、1週間の食事の主役をスープにして炭水化物や糖分を減らすことで、太る原因であるカロリーを減らすことが第一の目的となります。
また摂取カロリーを減らすためだけに野菜のスープを食べるのではなく、野菜に含まれるファイトケミカルを効率的に摂取できるというのも、スープダイエットの特徴ですkaeru.gif

ファイトケミカルは、植物に含まれる香りや苦味、色などの物質のことで、ポリフェノールやフラボノイドなどがそれに含まれます。
ファイトケミカルには抗がん作用、免疫作用、抗酸化作用という三大作用があります。
中でも抗酸化作用は体の老化防止に大切な働きで、私たちの体に様々な病気を引き起こす活性酸素を抑えることで健康を保ってくれます。
私たちの体では絶えず活性酸素が発生しているので、野菜のファイトケミカルを効率的に吸収してこの活性酸素と戦ってもらいたいところです。

しかしこのファイトケミカル、野菜ならどんな食べ方をしても体に吸収できるかと言うと、そうではありません。
ファイトケミカルはセルロースという繊維で出来た膜に覆われていて、生野菜のままではこの膜が壊れにくく効率的に吸収できないのです。
生野菜や野菜ジュースで摂取しても上手く吸収されないファイトケミカルも、煮込んでスープにすると膜が壊れてスープに染み出し、多くのファイトケミカルを摂取することができます。
これこそが、短期集中型スープダイエットは痩せるためだけでなく、体を健康にするためにも有効な方法であるというひとつの理由ですexclamation×2

posted by ダイエットさん at 00:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。