健康増進型心がけること スープでスープダイエット

2009年06月03日

健康増進型心がけること

甘い野菜を使ったスープダイエットでは、ダイエット効果を最大に引き出すために1日2回、空腹時に200mlずつスープを飲むことをお勧めしますが、それ以外に何か食生活において心がけておくことはあるのでしょうか。
特にこれと言った決まりがなくて続けやすいのも、このダイエット法の特徴ですが、やはり不摂生な生活を送っていてはダイエットどころか健康さえ失ってしまいます。
食生活においても同じで、体のことを考えて食べ物を摂ることも必要です。
ここでは、スープを飲むこと以外に心がけておきたい食事の内容についてお話したいと思います。

どんなダイエット法でもそうだと思いますが、食事の内容は穀物菜食が基本となります。
しかし一般の家庭で、完璧な穀物菜食を行なうのはとても難しいことです。
完璧にしようと気負い過ぎずに、できるところから少しずつ始めてみましょう。

まず主食のご飯を玄米に変えてみましょう。
玄米は白米に比べて歯ごたえがあり、においも始めは気になるかもしれません。
しかし慣れてくると案外あの歯ごたえがクセになるものです。
玄米は一晩水に浸けておく、という一手間さえ加えれば普通に炊飯器でも炊くことができます。
玄米のほか、最近スーパーや通販でもよく見られる雑穀を混ぜて炊くのもよいと思います。
今では白米に負けないおいしさの雑穀ご飯も食べられるようになりました。

その他、食べる量を腹八分目としていれば、スープ以外の食事は普段通りでよいそうです。
あまり厳密な制限があると続けられないですからね。
食べるときには一口につき50回くらい噛むつもりで、ゆっくりと時間をかけて食べてください。
食事に20分以上かけていると、満腹中枢が刺激されて食べすぎを防ぐことができます。

主食を白米から玄米や雑穀ご飯に変えること、よく噛んでゆっくり食べること、このふたつを心がけておけばスープダイエットの効果も自然に現われてくることでしょう。

posted by ダイエットさん at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。