スープでスープダイエット

2009年06月01日

健康増進型スープの飲み方

お医者さんも勧める甘い野菜を使ったスープダイエット、こちらは短期集中型ダイエットと違って煮込んだ野菜は食べずにスープのみを飲みます。
食べるスープではなく、本当に「飲む」スープです。
調味料もまったく加えずに作り、野菜の甘さがじわじわと感じられるスープです。

さて、このスープはどのように飲んだらよいのでしょうか。
毎日の生活にこのスープを取り入れていけばよいのであって、厳密にいつどれだけ飲まなくては効果がない、というルールはないようです。
しかしダイエットの効果を期待するのなら、やはりそれに適した飲み方というのがあるそうです。
もちろん健康増進にも効果有りの飲み方です。

効果的なのは、空腹である午後3時頃、いわゆるおやつの時間に飲むという方法です。
この時間帯にはお腹が空き血糖値が下がりますので、甘い野菜のスープを飲むことで血糖値がうまくコントロールされ、口も心も満たされるので甘いおやつに対する欲求が減少します。
また空腹時に飲むことで、スープに含まれる野菜の有効成分が体にスーッと吸収されやすくなります。
同じ空腹時ということで朝食前に飲むのも有効です。

というわけで、このダイエット法の進め方としてお勧めなのは、朝食前と午後3時の2回、200mlずつのスープを飲む方法になります。
午後3時に飲むのが難しい場合もあると思います。
その場合は、夕方か夜に帰宅した際にすぐに飲むようにするとよいでしょう。

まずは1ヶ月続けることを目標にし、それが達成できたら目標を少しずつ延ばし、いずれ習慣化できると健康維持に大いに役立つでしょう。




posted by ダイエットさん at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

健康増進型スープのレシピ

お医者さんも勧めているという甘い野菜のスープを使ったダイエット法を、私は健康増進型と呼ぶことにしましたが、大抵の正しいダイエット法はどれも健康な体にすることを目的のひとつとしています。
ただ、この甘い野菜スープを使ったダイエット法ではアトピー肌や花粉症、偏頭痛などの病気も改善されたという体験談も挙がっていたため、健康増進型と呼ぶことにしました。

このダイエット法の主役となるスープは、キャベツ、玉ねぎ、かぼちゃ、にんじんの4種類の野菜を使います。
以下に、レシピを紹介します。

【材料】キャベツ、玉ねぎ、かぼちゃ、にんじん…各50gずつ、水…800ml
【作り方】1.玉ねぎは薄皮をむき、みじん切りにします。
キャベツもよく洗い、みじん切りにします。
かぼちゃとにんじんは皮ごと使うため、必要であればタワシなどを使ってきれいに洗い、それぞれみじん切りにします。
2.鍋に1.の野菜と水を入れて火にかけ、沸騰したら弱火でコトコト煮込みます。
3.20分ほど煮たら火を止め、ザルで漉してスープを取ります。

すぐに飲む分を除いて、粗熱が取れたら冷蔵庫で保存しておきます。
1回に飲む量が200mlですから、必ず1回分ずつ小分けして保存します。
冷蔵なら2日程度、冷凍なら1ヶ月程度を目安に飲みきりましょう。

このダイエット法で使うのは、スープの汁だけです。
漉した後に残った野菜は、食物繊維なども含まれていますので捨ててしまうのはもったいないです。
スープや味噌汁の具にしたりハンバーグに混ぜたり、あるいはミートソースに加えるなどして有効利用してください。



posted by ダイエットさん at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

短期集中型バスタイムの過ごし方

毎日同じスープを食べるスープダイエットでは、夜が来るたび「今日も何とか乗り切ったな」とホッとすることでしょう。
この夜の過ごし方にも気をつけて、ダイエットを成功させましょう。
ここでは身体的にも精神的にもリラックスできるバスタイムの過ごし方についてお話したいと思います。

皆さんは半身浴をしたことがありますか?
名前の通り、体の半分だけを湯船につけて血行をよくし代謝を上げる入浴法です。
代謝が上がるのでダイエット効果が上がり、疲労回復にも効果的です。
まずお湯の温度は38?40度(体温よりやや高め)に設定し、湯量は座っておへその上辺りになるようにためます。
そこへ20分?30分ほど浸かります。
腕はお湯から出しておいてくださいね。
湯船に浸かる時間が長いので退屈してしまう人は、本などを読みながら過ごすとよいでしょう。
なんだか優雅なバスタイムですね。
でも優雅さとは似つかわしくないほどの大量の汗が出てきますよ。
代謝がよくなっているな、と実感できるほどの発汗があります。

また湯船の中でストレッチをすると、さらに筋肉の柔軟性が期待できます。
代謝を上げるためにも、筋肉を柔軟にして血液をどんどん送ってもらいましょう。
湯船に座った状態で体を左右同じようにひねったり、長座から片足を曲げて胸にくっつけたり、両手を湯船の底につけて体を持ち上げるというストレッチを取り入れてみてください。

入浴剤にトウガラシエキスなど発汗作用のある成分が含まれたものを用いるのも、ダイエット中のバスタイムにはお勧めです。
posted by ダイエットさん at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。